アオリイカエギング基礎知識

 アオリイカエギングを始める前の基礎知識です。

 まずはアオリイカとは??

 アオリイカはジンドウイカ科に属しており、バショウイカやミズイカなどとも呼ばれています。

主な生息地は、北海道南部よりも南の沿岸の岩礁域に棲息しています。
 と言うことは、日本のほとんどの地域で生息していると言うことです。

 生息している環境によって、体の色が違っています。
 海岸近くに生息するアオリイカは黒色系で、深くなっていくに従い赤みを帯びてきます。

 ほとんどのイカもそうですが、アオリイカも夜行性です。
 肉食魚であり、主に小さい魚類、貝などを食べています。

 つぎに、エギングとは?

 エギングとは、アオリイカ用のエギを使ってする釣りのことを言います。

 防波堤から沖に向けて、エギをつけたロッドを投げます。
 「シャクリ」と言うテクニックで アオリイカを釣ります。

 シャクリとは、ロッドを投げたあと、エギが海底に着くまで待つ。
 エギが海底着いたら、ロッドを大きく上に持ち上げる。

 この動作を”シャクリ上げる”と言います。

 シャクリ上げた後は、また、エギが海底に着くまで待つ。
 この動作を繰り返して、エギが自分の元に戻ってくるまで繰り返しす。

 これが、アオリイカエギングです。